Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://shoseinonikki.blog98.fc2.com/tb.php/49-fb6ffc1d

-件のトラックバック

-件のコメント

[C45] 愛だなー

わかりやすいです。
これで私も迷わず行けます!
いやはや、愛ですなー。
  • 2007-10-08
  • あやこ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

それでもあのバカは荒野を目指す。

平川くんは、どこへ行くのでしょうか。
行く先はアメリカで、その後ポーランドにも行くらしいです。

今日のゲネは、かなりよかったです。
毎回確実に進歩しております。
どんどんよくなって、練習が楽しい。
これまでは、テクニック的な小ネタを見せてもらってただけなので、
こんなことがやりたいなんて知りませんでした。

それにしてもパントマイムをやっていって食えるのでしょうか。
アメリカに行って、ポーランドに行って、
それから日本に帰ってきて、どうするんでしょう。

「あのバカは荒野を目指す」
藤子不二夫のFの方が、短編マンガ集を出していて、
僕はそれが大好きで、全部集めているのですが、
その中の短編の一作品の題名です。

今回の公演、そんな決意がかいま見れる
非常に熱気のあるものになりそうです。
かつ、熱さばっかり前面に出ているようなものじゃなく、
笑いも涙も、そして平川くんの決意もきちんと忍ばせてある、
とってもよい作品だと思います。

quo vadis?
20071007233755.jpg

ペテロがローマから逃げてきたときに、
イエスに出会い、「主よ、どこへ行かれるのですか?」と問うと、
”Eo Romam iterum crucifigi”
「もう一度十字架にかかりに行くのだ」
と答えたという場面です。
ちなみにラテン語が分かるとかではありません。
wikiで調べました。

僕は演劇をやめているわけです。

もちろん平川くんはイエスじゃないけど、
僕はペテロの気分です。
どっちがいいとか悪いとか、そういうことではなく、
ただ、「俺は行くよ」と言って
今回の舞台を作り上げる彼を見ると、
いやぁ、すごいなぁ、と畏怖にも似た気持ちになるのです。
僕はある意味、演劇という先の見えない怖いものから逃げてきて、
平川くんは、「ちょっともう一回行ってくる」というわけです。
すげーな、という気持ちです。

負けていられません。

さて、みなさんに差し当たって目指していただきたいのは、
中野テレプシコール劇場です。

席にはまだ若干の余裕がございます!
1500円です。

行き方のご案内をいたします。
中野駅の南口をお出になりまして、
右を向くと、
ekimae.jpg

こんな風に見えます。
高架の上を線路が走っているので、その線路沿いの道を進んでください。

まっすぐ行くと、
TS3A0173.jpg

こんな感じでコンビニが見えてまいります。

さらに進むと、
gekijou.jpg

劇場が見えます。
こちらではスタッフが待ちかまえておりますので、
お声をかけてください。

よろしくお願いします。

では、劇場で!
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://shoseinonikki.blog98.fc2.com/tb.php/49-fb6ffc1d

0件のトラックバック

1件のコメント

[C45] 愛だなー

わかりやすいです。
これで私も迷わず行けます!
いやはや、愛ですなー。
  • 2007-10-08
  • あやこ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

しんいちろうた

Author:しんいちろうた
身分:
慶應大学中退
大手広告会社内定取り消し

肩書き:
小澤家書生、小澤総合研究所研究員
某氏事務局副事務局長

口上:
企業に入れず、転がり込んで、
内弟子、書生にカバン持ち。
右腕ならぬ右手の小指。
丁稚奉公、押しかけ女房。
呼び名はとにかく多々あれど、
一歩下がって五歩進め。
幸か不幸か表か裏か、
きれいはきたない、
きたないはきれい。
とにかく毎日おともをしながら、
社会勉強奮闘中

座右の銘:
失敗は成功の母
転んでもただでは起きぬ
捨てる神あれば拾う神あり
ずうずうしくなれ

連絡先
shosei.comあっとgmail.com

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。